スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

「見える化」 遠藤功

2008/08/28 Thu 22:32

昔は、どこの部署にでも生き字引のような人が居た。
そして、何かがあると、「あぁ、この件ならxxさんね」という風に、人と業務が結びついていた。
しかし、いつ頃からか、知識をマニュアル化する傾向が強まったことにより、生き字引さんも減ってきたように感じる。
 
このこと自体は良いことだと思う。
生き字引の知識が文章化されることにより、同じ事をなんども別の人から聞かれて答える事もなくなり、無駄な時間を省ける。さらにいえばその人が居なくなったときに発生するリスクも減らすことができる。
ただ、弊害も生じているように感じる。コミュニケーションの減少だ。


昔ならば、作業を後輩にお願いした場合、なにかわからないことがあると誰かに聞くしかなかったため、状況や理解度がすぐわかった。しかしマニュアル化された今、本人が独自で調べる方法があるがゆえに状況がわかりづらかったりする。
もちろん、紙上で数値化された状況はわかるのだが、紙では見えてこないものがある。


一部を「見える化」すると、別の部分が「見えない化」する危険性がある。隣の人はなんの仕事をしてるのだろう?なんてこともざらだ。
 
もちろん見える化することはよいことだ。
見える化することだけに重点を置くのではなく、『自立的に物事を判断し、適切な行動をとるという能力』を最大限に活かす』為にはどうしたらいいか、を念頭において効率化していかねばならないのだろう、と思う。



スポンサーサイト
趣味(本・DVD・テレビなどの感想) | コメント(2) | トラックバック(0)

シュールだねぇ。

2008/08/15 Fri 15:05

昨日テレビで映画「キサラギ」を見た。

正直、どんな映画か全く知らなかったんだけど、小栗旬やユースケサンタマリアなんかが出てたから、暇つぶしでみた。

ストーリーは、

ビルの一室に互いに面識のない五人の男たち(それぞれハンドルネームは家元、オダ・ユージ、スネーク、安男、イチゴ娘)が集まってくる。彼らはD級アイドル如月ミキのファンたちで、ファンサイトを通じて知り合った彼らは、如月ミキの一周忌に集まったのだった。
如月ミキは、一年前にマネージャーの留守番電話にメッセージを残し、自宅マンションに油を撒いて火をつけ、焼身自殺していた。彼女を悼むのが会合の趣旨だったが、オダ・ユージが彼女は自殺ではなく、殺されたと言い出したことで話の流れは一変する。
次々と明らかになる五人の男達の意外な正体や、明らかになる事実の中で、彼らが辿りつく如月の真実とは?

ってもの(wikiより)。


いかにもB級的な匂いがしてくる。

で。結果は・・・。
めっちゃおもろかった。
すっごいしょーもないの。
こんなことあるかい!って、展開の繰り返し。でもね、普通なら、それが予想できるのに、この映画は予想できないんだ。
え~~~!?お前がxxかよ!みたいなことばかり。

制作費が少なかったのか?映画に出てくる場所は、(ほぼ)一箇所。登場人物も5人。
舞台でできそうなストーリー。
そこがまたよかった。


後から知ったけど、
『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞を受賞した古沢良太さんの脚本らしい。どおりで。


いやー。面白かった。
テレビで、「ロス:タイム:ライフ」を見たときも感じた感覚☆

>>続きを読む・・・
趣味(本・DVD・テレビなどの感想) | コメント(0) | トラックバック(0)

ちゃんと調べなきゃ。

2008/08/13 Wed 23:47

昨日も書いたけど、『図解雑学コンピューターの仕組み 山田宏尚』 を読んだ。
雑学だから簡単だろ、と思って読んだら意外と難しい。
知らない知識が次々と出てきた。
言われてみれば、「簡単!コンピュータの仕組み」ではなく「図解雑学」だもんね。難しくても文句は言えない。情報処理の試験勉強で出てきそうな言葉や、大学生の試験にでそうな事がでてきた。

でも、その中で面白かったのが、マイクロソフトの話。
今はあんなに金持ちになったビルゲイツさん。
ビルゲイツ=マイクロソフトのOS、というイメージが定着しているけれど、当初はマイクロソフト社ではOSは作っていなかったそう。
IBMがパソコンの市場に参入しようとした際に、マイクロソフトはOSも開発していると勘違いしてマイクロソフトにOSの作成依頼をしたことが起源なんだそう。
で、依頼がきたもんだから、マイクロソフトは他の会社でちょうと作っていたOSを権利ごと購入して手直しして販売したらしい。

IBMスタッフがマイクロソフトの事を正しく把握していれば、今のマイクロソフトはなくて、IBMが世界をコントロールしていたかもしれない。

不思議だね。


>>続きを読む・・・
趣味(本・DVD・テレビなどの感想) | コメント(0) | トラックバック(0)

『高級』なんだよね。

2008/08/12 Tue 12:57

いまさらだけど、『図解雑学コンピュータのしくみ』などという本を借りてみた。
なんとなく初心にかえりたくて。知らない事が書いてて結構読んでて楽しかった。
気づいたこともあったし。



当たり前なんだけどさ、、パソコンって「1と0」から出来ているんだよね。
いわゆる「機械語」。

ただ、それじゃ人間が使いづらいから
「高級言語」(FORTRANとか)を作って人間が使いやすくしてきた。

知っているはずなのに、なんとなく、「高級言語」って聞くと、機械語を思い出しちゃう。
要は、人間よりコンピューターのほうが凄いって幻想にとらわれているわけさ。

所詮コンピューターなんて論理演算で出来ていて。
はっきりした答えがあることしかできないのに。
ファンが壊れたりして、ちょーっとお熱が出ると、覚えていたこと忘れちゃうし。
簡単な事も真面目に真面目に初歩的な方法を組み合わせてしないと答えられないがり勉くんなわけだ。
天才肌じゃないよね。



そんなことを考えつつ思ったこと。

私さ、論理的にしゃべれないって悩んだりするけど、論理的にしゃべれるだけでもダメだよな。
それじゃコンピューターだもん。
いや、速度が遅い分コンピューター以下だわ。
論理的に答えられ、かつ、人間的な感覚をなくしちゃいけないんだよね。


高級ブランドのバッグはさ、「機械」で作るわけじゃなくて、手作りだったりする。
機械のほうが精巧に作れるはずなのに・・・。

なんていうか、、、それと一緒でさ。
人間的な感覚こそが、「高級」なのかな、と思う今日この頃。

趣味(本・DVD・テレビなどの感想) | コメント(4) | トラックバック(0)

プレゼント

2008/08/11 Mon 02:58

わっ!

半年振り?に、知り合いから『メッセージ』もらった。

なんだか嬉しい~~。

幸せって続くね。




体調も回復したし、いい事尽くし。

宝くじ買い時か?☆



幸せ☆ | コメント(0) | トラックバック(0)

はらおどり

2008/08/07 Thu 23:29

習いはじめました。

・・・・といっても、おなかに顔書いてるわけではなく、ベリーダンスです。

習ってるって言っても月1、2回です。

習う回数が少なすぎて、正直全く上達する気配はありません。

手の動きがくねくねして難しすぎます。



なんなら、本当に「はらおどり」を覚えるほうが早いかもしれません。


オケイコ | コメント(6) | トラックバック(0)

そうそう。

2008/08/06 Wed 16:13

『自分にはムリだと未練を断つことは諦めずに努力し続けることと同等に尊く勇気のいる事だ

よくないのは、自分にはムリだと諦めた人間が「なんとかしたい」と願ったり
逆に自分の力量以上のことを望んでいるのに自分を高める努力をしないことだ 』

                          by 月マガ パンプキンシザーズ(笑)


漫画もすてたもんじゃないね。



 
>>続きを読む・・・
趣味(本・DVD・テレビなどの感想) | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。