スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

R-1

2009/02/17 Tue 22:49

見ました。

だけど結果がなんか納得できないー。

まず、エハラマサヒロがずっと首位だったこと。
確かに歌はうまいし、モノマネも上手やなーとは思うけど、めっちゃ笑ったってわけじゃないんだよね。だからなんで高得点!?って思った。
けどまぁプロからみたらこういうのがいいのかーと無理やり自分を納得させてたわけですよ。

でも、最後に中山功太 が逆転優勝。
えええ!って感じ。

確かに中山功太 もおもろい。
でも、でも、それやったらバカリズムとかCOWCOWのほうがよかったと思うんだよね。
中山功太がラストやったからエハラマサヒロか中山功太か点が高いほうが優勝。
だから、中山功太って決めただけな気がして。
R-1はM-1と違って上位3組が決勝戦!みたいな形式じゃないから順番が後のほうが有利な気がする。制度変えたほうがいいんじゃないかな。


と、でも、なんにしろみんなは一生懸命してたわけで。
こんなこと私がいっても仕方ないよね。うんうん。
みんなよかったです。(とオトナなまとめ。)
中山功太悲願の優勝(?)おめでとう!エハラマサヒロ、他のネタも見てみたいです。

ちなみに個人的には、

1位 COWCOW山田
2位 バカリズム

で、特別賞 あべこうじ です。

あべちゃん、ウザいけどなんか応援してしまう。
こう1位にはなりにくいタイプの笑いやけど、なんか好きなんだよね。
これからも頑張ってね☆

スポンサーサイト
趣味(本・DVD・テレビなどの感想) | コメント(4) | トラックバック(1)

私なら仮病使う

2009/02/10 Tue 13:58

ちょっと古いネタやけど、公的資金を受ける企業の幹部報酬の上限を年間50万ドルに設定するってニュースをみて思ったこと。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000997-reu-int


アメリカCEOの平均年収って、1420万ドルなんだって。(最近のマイブーム『世界地図』によると笑)
まぁ幹部=CEOじゃないからこの比較はいいかわからないけど、14億とか毎年給料もらってた人が今年から(しばらく)5000万円になるってことだよね。
仕事が好きな人はいいけど、そうじゃなきゃ仮病つかって休むな(笑)仕事の量が増えて給料さがったらたまったもんじゃない。景気がよくなったときに退職金をがっぽりと。

ちなみにオバマさんの年収が40万ドル、麻生さんが34万ドル(1ドル117円換算やから日本円で言うと4022万)かー。ほぼ一緒なんだね。意外と安い。

未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)

知識足らない~。

2009/02/02 Mon 13:28

世界地図2009年度版を買いました。

どんな本かというと、社会の資料集みたいな感じ。
様々な世界の現状がテーマ別に書かれてる。
例えば、大学進学率のベスト5の国!とか。解説つきでね。

読むと楽しいんだ。興味がめっちゃ沸いてくる。
例えば大学進学率、を調べると日本が大学進学率55%に対しフィンランドが92%。
なんでこんなに違うんだ?ってまず思うよね。それだけでも楽しい。(理由は本には書いてなかったけど税金や受け入れ数の違いかなぁ?)
でも、進学率だけがよければいいってわけじゃなくてさ。
フィンランドは中学校から高校へ進学するのがとっても難しくて何年もかかる人が大半らしい、とか。
中国は6%から20%に進学率はあがったけど学生の質の低下が目立ってる、とかかかれてるわけさ。
そうすると、えー、日本って普通じゃないの?世界の教育ってどんなん?とか知りたくなる。

個人的に今のところ私が気になったのは難民。
難民って言葉自体はよく聞くけど深く考えるとすごい大変な人達。
自分は悪くないのに家や国が失われるんだもん。
で、難民の受け入れをしている国ベスト5!とかものってるんだけどね、シリアとかイランとか戦争してる隣の国がやっぱり上位に入る。
でも意外なのがドイツなんかが上位に来ること。
歴史的な背景で受け入れが発達してるみたいだけどさ、国のなかどんな風になってるんだろう?
日本が2000人弱しか受け入れないのに対し、ドイツなんて60万弱も受け入れてるんだよ?どこでみんな住んで、どんなお仕事してるんやろう?
で、いつのタイミングで母国に帰ってるんだろう?元々ドイツ語しゃべれるん?
日本でドイツと同じことはできるのかなー?
なんて、知りたい事満載。

これを細かく調べたら、「日本は難民受け入れをもっとすべきか」とかって問題に答えられるようになるんだろうな。などと思ったり。

自分の興味の幅を広げるきっかけになる資料です。
趣味(本・DVD・テレビなどの感想) | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。