スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
久しぶりに図書館で本を借りる気になった。
図書館ってぱっといって借りるより、本当に借りたいものを予約して借りる方がよいね。
あ、もちろんぱっといって借りるよさもあるんだけどさ。


で、借りたのがこの本。
人生の100のリスト ~ロバート・ハリス
友達のおすすめの一冊だったもので。


中身としては、作者が19歳のときに人生の100のリストをつくって実行していたことをつらつらと書いている本。
それだけ?っていえばそれだけ。
でもさ、その内容と実行力がすごい。

男と恋をする。
ヌードモデルになる。
ブックショップを開く。
南の島で放浪者たちの集うバーを開く。
バックギャモンの世界チャンピオンになる。
牢獄に入る。
とか。

そんなハチャメチャなリストなのに、どんどん達成していってるんだもん。
自分ならできないなー。


そんな人でも、リストを作ってるんだなと思うと少しおかしい。
思いつきでやってるんじゃなくて意外と計画的じゃんって。
しかも、やっぱり読書好き。
(・・やっぱりっていうのはなんていうか、ハチャメチャする人って意外と読書が好きな気がするから)


人生の100のリストをつくり、達成したことを書き留めていけば自分が見えてくるね。
100個書き出すのって結構難しい。20個ぐらいならいけるけど、100。
そして達成したり、これはもういいや、って思ったら消してまた100個のリストを作る。
書き留めておくと現実化しやすくなる。

自分もやってみようかな^^って思える本でした!



スポンサーサイト
趣味(本・DVD・テレビなどの感想) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
こういう変わり者
エンターテイメントになる変わり者と、迷惑な変わり者といますが、両者ともにどこにでも存在します。

私は狭く深くすら、人生では到達しがたいと思っていますので、2つ3つがせいぜいです。
いいですね~
>私は狭く深くすら、人生では到達しがたいと思っていますので、2つ3つがせいぜいです。

そう思えるのはいままでちゃんと生きてる証拠なんかなーと思うのでいいことだと思います^^

私はしょうもないことがいっぱい出てきました(^^;

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。